水の新しい理解、可能性を見出すGDV技術

GDVの特徴

GDVの持つ独自性

 GDV は従来の科学測定機器と比較して、独自性を有しています。その独自性を基に、多くの研究機関や企業にて、様々なものの測定がされ、研究されています。GDV は、測定物全体(または表面)における微細なレベルでの電子のエネルギー状態を測定していると考えることができます。この電子は、測定物内の性質や機能に関係しています。

クロマトグラフィーのように測定物の成分を分けて考えるのではく、測定物がもつ電気的反応を測定している。

電気伝導率計や温度計などによるマクロレベルの物性評価だけではなく、ミクロレベルにも関係する。

NMR(核磁気共鳴法)やESR(電子スピン共鳴法)などの一定のエネルギーを与え、その応答を見るという原理では類似しているが、特定の分子や粒子を焦点とした測定ではなく、測定物全体を見ている。

お気軽にお問い合わせください TEL 075-321-3620 受付時間 10:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 黎明株式会社 All Rights Reserved.